治療器具

豊富な素材から選りすぐりのモノをチョイス|審美歯科で口内を美しく

素材ごとの違い

聴診器

審美歯科では歯を美しくするために様々な治療を行ないますが、その1つにセラミック法というものがあります。セラミック法は天然の歯に近い見た目で白く美しい素材を歯に被せるという方法です。審美歯科で行われるセラミック法にもいくつかの種類がありますが、クラウンと呼ばれるものでは歯の神経を取り除いて歯に被せ物を行ないます。施術を行なうには審美歯科に2、3回通うことで施術が完了し、すぐに効果が実感できるので人気がある施術方法です。クラウンに用いる素材の選び方によって特徴や費用は異なるので、どの方法がいいのか選ぶときにはそれぞれの特徴について理解することが大切です。クラウンの素材として審美歯科で一般的に使われているものはオールセラミックというもので、色調調整を行なうことによってより透明度のある歯にすることができます。オールセラミックでは使われる素材の全てがセラミックでできているので見た目が美しいです。セラミック以外の素材を使うものにメタルボンドと呼ばれるものがあります。メタルボンドではセラミックの内側にプラチナをくっつけているもので、強度が高いのが特徴です。美しさだけではなく強度も兼ね備えているので人気が高いです。オールセラミックやメタルボンドでは費用が高めになるため、全ての歯の施術を行なうのは難しいという人も少なくありません。審美歯科ではそういった人のためにハイブリッドセラミックという素材を用意しています。ハイブリッドセラミックはセラミックとプラスチックを混ぜた素材で、費用が安いです。見た目や強度は他の素材に比べて劣りますが、奥歯などの見えにくい部分に用いられることが多いです。豊富な素材から選りすぐりのモノをチョイスしましょう。

痛みを軽減する

歯科

治療で痛みを感じないように、大島の歯科では麻酔の打ち方にもこだわりを持っています。麻酔注射での痛みを軽減するために初めに表面麻酔を施し、痛みが少ない注射針を用いて麻酔薬の温度を体温に近づけます。

詳細へ

負担が少ない

歯科

周りの歯への負担をかけない施術方法としてノンクラスプデンチャーは川崎区の歯科でも人気の治療方法です。人工の歯を繋ぐパーツとして歯茎のような見た目のものを使っているので見た目が自然です。

詳細へ

保険が適用されない

女性

審美歯科で行われる施術は保険適用外であることが多いので費用が高いです。基本的には料金が高い施術ですが、昭島にある多くの歯科では費用をなるべく安くするために施術に用いる素材を工夫しています。

詳細へ