白い歯

豊富な素材から選りすぐりのモノをチョイス|審美歯科で口内を美しく

負担が少ない

歯科

川崎区の歯科では従来歯を失ったときの治療方法としてバネを使用した入れ歯が多く行なわれていました。歯科で行われるこの施術方法は費用も安く簡単に治療ができるので川崎区でも人気がありましたが、失った歯の周りにバネをひっかけて固定するため健康な歯に負担をかけるものでした。それを改善した治療方法として、ノンクラスプデンチャーというものがあります。ノンクラスプデンチャーというのは従来の治療方法とは異なりバネを用いないため周りの歯へ負担をかけることはありません。ノンクラスプデンチャーで用いる器具は、人工の歯の周りに歯茎のような見た目をした素材がくっついているので入れ歯のように周りの人から気づかれることも少ないです。川崎区では歯を失った人でも若く見られたいと考える人は多くいますが、ノンクラスプデンチャーを用いると見た目が美しいため若々しく見えます。軽く付け心地の良いノンクラスプデンチャーですが、歯茎に接する部分にシリコンを用いることで口内でずれるのを防ぐことができます。料金は普通のものより高くなりますが、歯科で希望すればシリコンをつけることが可能です。
バネを使わない治療方法として、他にシリコンデンチャーというものも川崎区では人気があります。シリコンデンチャーというのは人工の歯以外の部分にシリコンを用いたもので、吸着性が高いためずれることが少ないです。そのため食事をするときのストレスも少なく歯科でも一般的に行なわれるようになってきました。シリコンデンチャーが人気である理由はずれにくいということの他に、歯茎への負担が少ないということが挙げられます。シリコンデンチャーは柔らかい素材でできているので歯茎への痛みが大幅に軽減されています。