白い歯

豊富な素材から選りすぐりのモノをチョイス|審美歯科で口内を美しく

痛みを軽減する

歯科

歯科で行われる治療は痛いものだという印象を持つ人は大島にも少なくありません。虫歯や歯周病になっている自覚があるのに怖くて歯科にいけない人も中にはいますが、大島の歯科では治療の痛みを取り除くために多くの工夫が施されているので安心して治療を受けに行きましょう。治療は早めに済ませた方が痛みも少なく、簡単な施術でよくなるので歯に異常を感じたときにはすぐ歯科に相談することが大切です。
大島では痛みを軽減するため治療の前に麻酔を行ないますが、麻酔の注射がそもそも痛いと感じる人も多いです。最近では注射の痛みを和らげるために、まずは表面麻酔を施す歯科が大島にも増えています。表面麻酔というものはゼリー状になった麻酔で、歯茎を傷つけることなく表面に塗布することで効果を発揮します。表面を麻痺させることができるので麻酔注射の痛みをほとんど感じることはありません。大島では表面麻酔の他にも、麻酔に使う注射器を痛くない針にすることで痛みを和らげています。針が太いとその分組織が傷つく面積が増えるため痛みが大きくなります。なるべく細く鋭い注射針を用いることで痛みを軽減することができるのです。麻酔注射の痛みは針を刺すときだけではなく、麻酔薬を体内に注入するときにも感じやすいですが、麻酔薬の温度を体温に近づけると刺激を少なくすることができます。このように扱う道具に工夫を行なうことで痛みを軽減していますが、歯科での麻酔注射で一番大切なのは歯医者の技術です。痛みを感じにくい角度で打つことや、そっとスピーディーに打つことで痛みを取り除くことができます。